浮気調査


探偵への依頼で最も多いのが浮気調査です。

どの探偵社でも主力としている分野で、浮気調査専門を謳った会社もよく目にします。

張り込み、尾行、撮影を基本とする単純な調査ではありますが

単純であるがゆえに経験、技術、機材の差がでやすく同じ調査内容でも調査員の技量によって報告書や証拠映像の仕上がりが大きく異なることがあります。

数十年前と違い現在は携帯電話の普及により

「浮気の発覚は携帯から」

が合言葉のように携帯電話の使用状況から多くの浮気が発覚しています。

 

ですが、携帯電話の情報だけでは言い逃れをされて逆に相手が激怒するのもパターンになっています。

 

浮気を未然に防ぐのか、浮気を止めさせて関係修復をするのか、それとも別れるのか 

どうするにしても確固たる証拠が無ければ前に進みません。

また離婚ということになると慰謝料や養育費を正当に要求する為にも不貞の証拠は必要になるでしょう。

 

浮気の兆候として

 

・携帯電話をどこへ行くにも手放さなくなった。

・携帯にロックをかけている。

・短時間の携帯操作を頻繁に行う。

・着信しているのに自分の前では出ない。

・仕事だ、友人と一緒だ等と言って数時間連絡がつかない時間が増えた。

・帰宅後、再度外出するようになった。

・服装がおしゃれになった。

・行動パターンから考えると不自然な場所、人数、品名のレシートが出てきた。

・出張が増えた。実家に帰ることが増えた。

・帰宅してしばらくするとイライラしている様子だったり会話が上の空だったりする。

その他いろいろとありますが万人に共通して

・携帯電話をどこへ行くにも手放さなくなった。

・短時間の携帯操作を頻繁に行う。

・着信しているのに気付かぬ振りをして自分の前では出ない。

 

これらの兆候があればまず浮気しているといっても過言では無いでしょう。

浮気調査、不倫調査の重要性

有利に離婚するため

浮気相手と別れさせるため

白黒はっきりさせるため

調査の理由、目的は人によって様々ですが重要なポイントは

「言い逃れのできない確たる証拠」つまり「裁判でも勝てる証拠」を取ることです。

これが探偵社に高額なサービス料を支払ってでも得たい証拠で、悩みや問題を解決する切り札になるのです。

なぜここまで強調するかというと、中途半端な証拠では言い逃れされてしまったり

「ここは事実だがこれは違う、これも違う、つまりこの証拠はねつ造である」等と無理やりシラを切られたりするからです。

そして調査力が未熟な探偵社だと往々にして中途半端な調査結果に終わります。

私は弁護士事務所、弁護士特約店、大手探偵社からの依頼を主に長年実績を積んで参りました。

これらの提携先からの調査依頼のほとんどが裁判用の証拠収集に基づくもので私は勝訴に導く証拠を数多く収集してきました。

この経験と実績から調査力に関しては他社よりも高水準であると自負しています。

 

それでは証拠の重要性を夫の浮気でよくあるパターンをあげてご説明します。

 

会社からの帰りが遅かった日、ふと夫のスラックスのポケットを見ると飲食店のレシートが。

詳細を確認すると人数が2名、ワインなんて飲まない夫がワインを注文している。

これは明らかに怪しい。

女性と2人でいたに違いない。

そして夫にレシートを見せながらこう詰め寄ります

妻「あんた今日どこ行ってたの?」

夫「ああ?仕事で遅くなるといったはずだが?」

妻「はあ?ほんとに仕事?今正直に言うなら許してやってもいいわよ」

夫「仕事だよ。なにをいってるんだ」

妻「これが仕事?あんた こんな店に二人ってどこの女と浮気してたの?」

 

あなたのパートナーが人のよい正直者ならそれだけで素直に白状するでしょう。

 

ですが現代の日本でそのような人物の話はあまり聞いたことがありません。普通は

夫「いや会社の部下と行った。そいつはワインにこっていて女みたいな趣味のやつでな 仕事はできるんでまあいいんだが。

ほら部下に食事をおごるくらいは当たり前だろ。」

あるいは

夫「確かに女だがそれは仕事の付き合いだ。完全に仕事オンリーでプライベートの付き合いはないし、あっちは既婚のおばさんだぞ。仕事でなければそんな女と食事なんかするもんか!」

 

くらいの返事が返って来てシラを切られてしまいます。

 

あなたにも追及する材料がないため、これ以上に追及は口論になるだけで無意味でしょう。

ここから「じゃあ携帯を見せてみろ!」とさらに追及することも可能ですが、素直に携帯を見せるパターンだと浮気の証拠になるようなメールや着信履歴はすでに削除済みかシークレットモードで閲覧不能にしています。

そのような準備をしていないパターンだと「俺を疑うのか!!」などと声を荒げ最悪の場合は暴力まで飛び出します。

 

これがあいまいな証拠をもとに話を進めた場合に起こる結果です。

 

裁判でもあいまいな証拠ではこのようなパターンになり、疑わしきは罰せずの通り、勝てない戦いになります。

 

ですが、この食事の際の二人の写真、その後の行動、さらに路上での抱擁やホテルの入室などの写真があればどうでしょうか

「ねつ造だ!合成だ!」などと最後まで抵抗する者もまれに見かけますが、裁判ではやはり通用していません。

(写真があることは重要ですが本人と断定できないようなもの 顔が映っていない、ピンボケしているなどではやはり言い逃れされてしまいます。これまでの経験からどのような映像、報告書の記述法が有効か、裁判での勝利の決め手になるかを私は熟知しています。)

 

探偵社に相談するという段階まで進んでいるあなたからすると、このようなやりとりはすでに経験済みかもしれません。

真実を知るために あなたとあなたの大切なご家族を守るため

私がお手伝いをさせていただきます。

 

浮気、不倫を放置した結果起こる事とは?

 

不倫中のパートナーを放置していくと必ず起こるのが

 

家庭崩壊

 

浮気、不倫をされている側の精神崩壊

 

です。

そして不倫されている側は最も悪い条件で離婚を強要され、これまでの生活を奪われ、つらく苦しい環境に放り出されてしまいます

 

相手はというと不倫相手と順調な新生活をスタートさせていきます。本来あなたに渡るはずだった金銭や財産を詐取してです。

不倫相手はあなたのことを完全に敵視しており、あなたに一銭でも財産が渡ることが我慢できません。

相手方に親権が渡り子供を引き取られてしまった場合、一度の面会も許さないという主張をしてくることもしばしば見受けられます。

 

このような悲惨な余生を過ごさない為に不貞の証拠収集は最も重要になります。

不貞の証拠さえつかんでおけば仮にパートナーとの関係の再構築が出来ず、離婚に至ったとしても

浮気相手からの慰謝料、パートナーからの慰謝料、正当な財産分与と非常に有利な条件で離婚に至ることが出来ます。

もしなければ、性格の不一致を理由に

あなたは散々パートナーから罵倒され時には暴力を受け家から追い出されてしまうでしょう。

 

 当社得意先の探偵社様から受注する案件の9割が浮気調査です。

得意先の多くは全国展開をしている規模の大きい探偵社で

それらの探偵社は各地域の下請け業者を使い営業をしているため日本中の探偵社の調査力が簡単に把握できるポジションにあります。

 当社はそれら数多の下請け業者の中でも最高レベルの調査技術とコストパフォーマンスとの評価を受けています。

 浮気調査を探偵社に依頼する際はぜひ一度ご相談ください。

このジャンルに関しては間違いなく国内最高水準の見識があります。

損得勘定抜きでアドバイスさせていただきます。

本部事務所:大阪府枚方市田口山2-10-1

大阪日本橋オフィス:大阪府大阪市浪速区日本橋4-7-28日本橋電気ビル303号

​営業時間:24時間365日営業

  • Instagram